11月28日静岡にて助成金セミナー(特定求職者雇用開発助成金など)を開催しました!

11月28日、NPO法人オールしずおかベストコミュニティの依頼により、山下祐司社会保険労務士が講師となって、「事業所運営力向上のための助成金研修」が静岡の障害者働く幸せ創出センターにて開催されました。

参加者は、24名ほどで、障害者福祉施設の担当者がメインのセミナーでした。

このセミナーでは、障害者施設向けに、採用可能な4つの助成金を取り上げ、解説しました。
ひとつは、「特定求職者雇用開発助成金」で、平成30年10月から取り扱いの運用が変更になった点を取り上げました。「キャリアアップ助成金(正社員化コース)」では、5%以上賃金が増額していないとダメなどの変更点が説明されました。また、「健康診断制度コース」では、有期契約労働者に対して健康診断を行うと一事業所あたり38万円の助成金が出ること、「心の健康づくり計画助成金」では、一企業あたり10万円の助成金が出ることなどの話が出ています。

今後もこうしたセミナーを多く開催していきたいと思います。

以上

 

9月25日(火)静岡県まちゼミフォーラムが浜松で開催されます!

みなさんこんにちは! 現在まちゼミが進行中ですが、今年は、なんと「静岡県まちゼミフォーラム」が浜松にて開催されます。

日時:9月25日(火) 第一部:基調講演とパネルディスカッション 13:00~17:00
場所 浜松こども館分室ここい~ら  参加費2000円

岡崎まちゼミの会  松井 洋一郎氏
「まちゼミの現状と全国での取り組み及び今後の展望」

中小企業基盤整備機構  長坂 泰之氏
「まちづくりの視点から見た個店の役割とは」

社会学者 新 雅史氏
「なぜ地域コミュニティ(商店街)は必要なのか」

パネルディスカッション(上記3氏による)

第二部:屋台deまちゼミ まちなかバーベキュー @ANY  17:30 ~ 20:00
(参加者による懇親会になります)参加費4000円

量販店やネット通販が全盛の中、商店街の価値と意義を見出し、今後の商売や事業の展開の参考にしたいものです。商店主のみなさん、個人事業主のみなさん、そして街中の活動に関心のあるみなさん!ぜひともこのまちゼミフォーラムに参加して勉強し、交流を深めませんか?

浜松まちゼミ「誰にも聞けない年金の話」講座を開催しました!

みなさんこんにちは! 暑い日が続きますがお元気でお過ごしでしょうか?
浜松市ではまちゼミを年2回行っており、浜松国際総合事務所では、今年2回目のまちゼミに参加です。私は今回「誰にも聞けない年金の話」というタイトルで講座を開いています。昨日8月12日(日)事務所にて初回の講座を開催し、50歳代女性2名に参加して頂きました。

内容は、老齢年金・障害年金・遺族年金と、年金の基礎的内容の説明です。「年金事務所で聞くほどのこともないし、なかなか年金の話を聞く機会がない。」という方にとっては大変有益な講座のようです。

老齢年金も結構内容が盛りだくさんです。年金をもらえる時期が生年月日や男女の別で違っていたり、加給年金や振替加算、繰り上げ・繰り下げ、また「在職老齢年金」といって、60歳以降働く人で給料を沢山もらう人は年金が減額される話とか、いろいろ出てきます。

障害年金は、初診日要件、障害認定日要件、保険料納付要件と3つあり、いづれも満たさないといけません。特に医師の診断書が重要で、これによって障害等級が何級になるかが決まります。

遺族年金は、死亡当時生計を維持していた遺族に支払われますが、妻が厚生年金を受給していた場合、老齢厚生年金との差額が遺族厚生年金として支払われます。この点に注意が必要です。

今回議論が盛り上がったのは、離婚による年金分割です。やはりこのテーマは関心が高いですね。夫の厚生年金の報酬比例部分のみが最大2分の1まで分割され、自分の年金の付加されるもの。夫の年金の半分が自分のものになる訳ではないことに注意です。

参加者から質問があったのは、「父親が死んだとき、母親の振替加算がなくなったのはどうして?」というもの。一度妻に付加された振替加算は、配偶者が死んでもなくならないはずです。この方の場合、父親の遺族年金の請求に行ったときに、母親の老齢厚生年金の加入月数が240月を超えていたため停止されたものと推測できます。

年金の制度は複雑で、なかなか一朝一夕には理解できません。一歩一歩理解しながら進んでいくしかないですね。

NPO法人浜松国際総合事務所は、浜松まつり出世道INアクト通りに出店しました!

5月3日から5日までの3日間、浜松まつりのアクト通りイベントに、法律系団体として唯一出店しました!今年で3年目になります。法律相談、生活相談、年金相談を行いました。

浜松まつりと言えば、昼間は砂丘で凧揚げ合戦、夜は中心街で御殿屋台の引き回しと練りが有名ですが、その他にも各所で催し物を開催しています!このアクト通りの出店もそのひとつ。

 

上記の写真は、地上の飲食系の出店風景ですが、我々はオープンな地下空間での出店です。

 

 

実施した内容は、法律相談や生活相談のほかに、今年は年金相談も行いました。専用ののぼり旗も作製し、準備万端です。やはり障害年金の相談が多いですね。需要の多さが分かります。

 

 

その他には、浜松に登録する法律系の士業の順位や業務内容を当てるクイズや、浜松に居住する外国人の国籍、国旗、ことばを当てるクイズを行い、正解者には高級ボールペンを進呈しました。

 

軽自動車でも白ナンバーをもらえることに関心が集まっていました!これは、行政書士の業務のひとつでもあるんです!もし、ご希望の方は浜松国際総合事務所に問い合わせてください。

 

 

今年は、昼間にはアクト通りに何台かの御殿屋台が披露されており、これを見るのも価値ある経験になると思います。来年はもっと人出が増えることを楽しみにしています。

NPO法人浜松国際総合事務所も、これからもいろいろな活動を展開していきます。乞うご期待を!

行政書士会ハイキングで山梨県蛾が岳へ行く!

みなさん こんにちは! 浜松国際行政書士法人の鈴木正章です。
3月31日(土)に静岡県行政書士会のハイキングがあり、山梨県の蛾が岳に行ってきました。
当日の集合時間が午前6時00分浜松森林公園駐車場です。とりあえず時間に遅れないように、4時30分起で行きましたが、朝早いためか30分程度で着いてしまいました。なんと1番乗り。今回の参加人数は、子供を含めて14名。3台の車で山梨県へ向かいました。新東名で、浜松浜北インターから新清水インターまで行き、52号線で北上し、市川三郷町にある四尾連湖(しびれこ)まで車で3時間程度。そこから2時間かけて蛾が岳まで登りました。途中2回程休憩を挟みながらの散策です。当日の天気は快晴。絶好のハイキング日和に。

 

山梨県の西側から見る富士山は、いつも見慣れている富士山とは別の面影があります。当日は気温も高く手袋は全くいらない状態に。残雪はほとんどなく、ゲイターも不要でした。蛾が岳の反対側には、南アルプスの山々が雪化粧して我々を迎えてくれました。

 

頂上に着いたのが丁度お昼の12時ごろ。ここで、昼食休憩。家から持参した弁当を食べたり、水を沸かしてカップラーメンを食べたりとみなさん思い思いの風景となりました。

さて下山です。頂上付近は急斜面があり、降りるにはトレッキングポールが必須です。下山の際の休憩は1回のみ。一気に下ります。下り終えたら、四尾連湖(しびれこ)の周りを1周。30分程度で、散歩することができました。

 

今回のハイキングは2年ぶりの参加です。蛾が岳は標高1300m程の山で、日帰りハイキングには最適。みなさんもぜひ行ってみてください。